ロシュフォールの恋人たち 作品情報

ろしゅふぉーるのこいびとたち

ジャック・ドゥミーが脚本・監督したミュージカル

フランス西南部の海辺の街ロシュフォールは、年に一度の海の祭を二日後にひかえて、陽気に浮き立っていた。青く澄んだ空、緑の樹々、白い壁、こんな街では誰もが恋をし、生きる歓びにひたっていても不思議ではなかった。美しい双児の姉妹のソランジュとデルフィーヌは希望に燃え、自分の道を歩んでいた。ソランジュは音楽家を、デルフィーヌはバレリーナを志していたが、彼女たちにはもう一つの夢があった。それはいつの日にか、素晴らしい恋人にめぐり逢うことだった。

「ロシュフォールの恋人たち」の解説

『シェルブールの雨傘』のジャック・ドゥミーが脚本・監督したミュージカル。撮影はギスラン・クロケ、作詞は監督のジャック・ドゥミー、作曲は『シェルブールの雨傘』のミシェル・ルグランが担当した。美術はベルナール・エバン、振付はノーマン・メーン、衣裳デザインはジャクリーヌ・モローとマリー・クロード・フーケがそれぞれ担当した。

出演は『反撥』のカトリーヌ・ドヌーヴ、『スパイがいっぱい』のフランソワーズ・ドルレアク、『パリは燃えているか』のジョージ・チャキリス、『フランス式十戒』のダニエル・ダリュー、『パリのアメリカ人』のジーン・ケリー、『家族日誌』のジャック・ペラン。『獲物の分け前』のミシェル・ピッコリほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本ジャック・ドゥミー
出演カトリーヌ・ドヌーヴ フランソワーズ・ドルレアク ジョージ・チャキリス ジーン・ケリー ジャック・ペラン
制作国 フランス(1966)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-12

ミュージカル映画「シェルブールの雨傘」の哀しさとは裏腹な陽気さが本編ロシェフォールの湊町に大輪の花を咲かせるんだねぇ?華麗なミッシェル・ルグランのサウンドや絶えず聴かせるピアノの旋律と構成はチャゼル監督のミュージカルの映画作品「ラ・ラ・ランド」に驚く程に踏襲されて居るんだ…。青い服を着てダニエル・ダリューの娘役のジュヌテーヴ・テニエ嬢がキュートで一寸、気に為る存在だったー。画家ジャック・ドウミ監督の現代アートへの関心も垣間見せる作品!????


レビューを投稿する

「ロシュフォールの恋人たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-17 16:00:03

広告を非表示にするには