パニッシャー 作品情報

ぱにっしゃー

マーヴェル・コミックス発、闇の私刑執行人“パニッシャー”が悪に裁きを下す!

パニッシャーのイメージ画像1

密輸組織摘発のため、潜入捜査の任に就くFBI捜査官フランク・キャッスル。ある晩、取引現場で銃撃戦が勃発し、犯人の一人が死亡する。死んだのは裏社会を取り仕切る巨人ハワード・セイントの息子だった。セイントは息子の死を招いたフランクへの復讐として、フランクと家族全員の抹殺を指示。任務を終えて休暇を楽しむフランクの目前で、愛する妻と息子、そして父までが虐殺されてしまう。法の下ではセイントを裁けないと知ったフランクは、本名や過去のいっさいを捨て、自らの手でセイントに制裁を下すことを決意する!

「パニッシャー」の解説

『スパイダーマン』のマーヴェル・コミックスから新たな刺客が登場。その名も、闇の私刑執行人“パニッシャー”。70年代の暗い社会情勢を背景に生まれたこのキャラクターは、厭世的な殺人マシーンとして生きる、ヒーロー界の異端児である。しかも彼には他のヒーローのような特殊能力がなく、全身生身の人間でしかない。こうした特徴から本作は、非現実的なCGを排し、『ダーティーハリー』や『フレンチ・コネクション』などの70年代アクションを範としたソリッドなバイオレンス表現を志向。

アメコミ映画らしからぬ一本気な娯楽作に仕上がっている。主演は注目度大のニュー・スター、トム・ジェーン。敵役にはジョン・トラボルタが扮し、ニヒルな存在感を見せている。燃え盛る男の激情がぶつかり合う本格アクション、火傷しないよう要注意!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年11月13日
キャスト 監督・脚本ジョナサン・ヘンズリー
共同脚本マイケル・フランス
出演トム・ジェーン ジョン・トラボルタ ウィル・パットン ロイ・シャイダー ローラ・ハリング レベッカ=ローミン・ステイモス
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2004)
年齢制限 PG-12
上映時間 123分

[DVD情報/Amazonで購入]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「パニッシャー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-01 17:41:26

広告を非表示にするには