Mr.インクレディブル 作品情報

みすたーいんくれでぃぶる

もう一度、世界を救いたい! ピクサーが贈る“スーパー・スーパー痛快作”

スーパー・ヒーローの黄金時代。正義のために戦う彼らは、人々の尊敬と憧れの的だった。だがその桁ちがいのパワーは社会に損害を与えることも多く、ついに政府はスーパー・ヒーロー制度の廃止を宣言する。それから15年。人気・実力とも最高のヒーロー“Mr.インクレディブル”も、今や保険会社のしがない社員ボブ・パーとして暮らしている。元スーパー・レディの妻と3人の子供との生活は表向き幸せだったが、ボブはかつての充実感を忘れられず、悩んでいた。そんな折、元スーパー・ヒーローが次々に行方不明となる事件が起こる…。

「Mr.インクレディブル」の解説

愉快痛快!としか言いようのない作品が現れた。『ファインディング・ニモ』のピクサー・スタジオ最新作は、元スーパー・ヒーローの世界を描くアクション・ファンタジー。フルCGのアニメでは難関とされてきた“人間”を主人公に持ってきたのは、ピクサーの技術力への自信の現れでもあるが、同時に彼らが本当にやりたかった世界に満を持して乗り出してきた“勝負気配”もうかがえる。

というのも、本作はピクサー初の“持ち込み企画”だからだ。その野心家の名はブラッド・バード。14歳でディズニーのスタジオに招かれた伝説のアニメーターだ。そんな天才の想像力とピクサーのノウハウが最高の次元で合体し、大人も子供も拍手喝采といった傑作が誕生した。ここには夢やロマンもあるし、感動もメッセージもある。そして何より、愉快痛快!なのである。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年12月4日
キャスト 製作総指揮ジョン・ラセター
製作ジョン・ウォーカー
監督ブラッド・バード
声の出演クレイグ・T.ネルソン ホリー・ハンター サミュエル・L.ジャクソン
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
制作国 アメリカ(2004)
上映時間 115分

(C)Disney/Pixar All rights reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「おっけー」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2012-07-26

イラスティガールの能力が汎用性が高かったです(笑)


レビューを投稿する

「Mr.インクレディブル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-01 17:41:18

広告を非表示にするには