トスカーナの休日 作品情報

とすかーなのきゅうじつ

豊かな人生に乾杯! 太陽に魅せられて、新しい私が輝き始める

トスカーナの休日のイメージ画像1
トスカーナの休日のイメージ画像2

夫の裏切りは、まさに青天の霹靂。サンフランシスコ在住の作家・フランシス(ダイアン・レイン)は、離婚によって、住む家を失い、慰謝料まで払うはめに。失意のどん底にある彼女を、親友のパティ(サンドラ・オー)が、イタリアのトスカーナ地方をまわる10日間のツアーに強引に送り出す。鬱々としたまま旅を続けるフランシスだったが、コルトーナという町で、“ブラマソーレ(太陽に焦がれる)”の名を持つ築300年の売り家に一目で惚れ込み、衝動買いしてしまう…。

「トスカーナの休日」の解説

フランシス・メイズのベストセラー手記「イタリア・トスカーナの休日」を、オードリー・ウェルズ監督が自らドラマティックに脚色したビターでスイートな物語。一軒家を手に入れ、その上、とろけそうに甘いマスクのイタリア男と恋ができるなんて羨ましい限りだが、それでも、主人公・フランシスに反感ではなく共感を覚えるのは、手間のかかるボロ家の修繕や、異国の地での一人暮らしに悪戦苦闘する、その非力さにある。

勢いで始めてしまったものの、大それたことをしてしまったと、途方に暮れてへたりこみ、孤独感や挫折感に苛まれながらも、人生を仕切り直そうという懸命さがひしひしと伝わってくるのだ。何一つ他人の助け無しには成し得ないことを痛感し、友情や家族の意味についても考えを新たにする。そんな等身大の女性を、知的に、かつコミカルに演じるダイアン・レインが上手い。

トスカーナの休日のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年6月12日
キャスト 監督オードリー・ウェルズ
出演ダイアン・レイン サンドラ・オー リンゼイ・ダンカン ラウル・ボーヴァ ヴィンセント・リオッタ
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 113分

(C)Touchstone Pictures. (C)Buena Vista Pictures Distribution. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-06-17

そして本編ではポーランド移民青年のエピソードも佳かったけれども、フェデリコ・フェリーニ監督や作品「甘い生活」等へのオマージュが在るのも愉しめて,トスカーナ地方の景観と共に何とも見事なんだ!作家役のダイアン・レインの持ち味がとてもチャーミングで素敵だった…????


レビューを投稿する

「トスカーナの休日」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-06-22 16:00:07

広告を非表示にするには