映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ 作品情報

くれよんしんちゃんあらしをよぶゆうひのかすかべぼーいず

子供も大人も笑って泣いて! 12作目のクレしん映画は、砂埃たつウェスタン・シティ!

今日も元気に街を走り回る、しんちゃんと風間くん、ネネちゃん、マサオくんとボーちゃん。偶然入り込んだ映画館で、スクリーンに映し出された荒涼とした風景に見入るうちに、しんちゃん以外の4人が姿を消してしまう。子供たちを捜し、野原一家が再び映画館に足を踏み入れると、いつの間にかそこは映画の中! 西部劇の街で、風間くんたちは春日部の記憶を失っていた。何とか現実へ帰る方法を考える野原一家だが、そんな彼らに、街の知事、ジャスティス・ラブの目が光る…。

「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」の解説

毎年、大人も楽しみにするようになったアニメといえば、「クレヨンしんちゃん」。12作目となる今回、舞台は映画ファンの心をくすぐる西部劇の街。知事、ジャスティス・ラブの横暴な独裁に、しんちゃんが怒りのお尻攻撃をお見舞いする! どこかで見たような映画オタクのおじさん、往年の名作西部劇に登場したあの人この人が姿を表し、猛スピードで走る列車の上で展開する闘いも、迫力満点。

毎回、男前な所を見せてくれるしんちゃんだが、今回も、故郷、春日部を忘れていく友達や家族のなかで、ひとり頑張る姿にホロリ。記憶を失ったカスカベ防衛隊が、再び力をあわせるシーンに、またホロリ。今年、正式に埼玉県春日部市民として登録されることになった野原一家の、郷土愛と家族愛、友情をたっぷりと味わえる!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年4月17日
キャスト 監督・脚本水島努
原作臼井儀人
声の出演矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 こおろぎさとみ
配給 東宝
制作国 日本(2004)
上映時間 95分

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日2004

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-14 14:43:21

広告を非表示にするには