タイムライン 作品情報

たいむらいん

14世紀から届いた HELP ME! 600年の時を旅する、遥かなるアドベンチャー

タイムラインのイメージ画像1

フランス南西部の修道院跡で行われている発掘プロジェクト。そこで14世紀の地層から現代の製品と思われる眼鏡のレンズと“Help me”と書かれたメモが出土する。レンズの度数は、プロジェクトの責任者・ジョンストン教授のものと一致した。教授の息子のクリス(ポール・ウォーカー)ら発掘チームの面々は、プロジェクトのスポンサーであるハイテク企業・ITCを訪れ、驚愕の事実を知らされる。教授は、ITCが開発した時空間転送装置“3Dファックスマシン”で14世紀のフランスに旅立ち、消息を絶ってしまったというのだ!

「タイムライン」の解説

『ジュラシック・パーク』を始め、多くの著作が映画化されている大作家、マイケル・クライトン。彼の最高傑作とも言われる同名小説を映画化したのが、本作『タイムライン』だ。その名の通りタイム・トリップを扱ったSFだが、クライトンの十八番である先端テクノロジーの描写に、それと鮮やかな対比をなす中世ヨーロッパの世界観をミックスしているところがユニーク。

メガホンを取るのは、かの名作『グーニーズ』や『スーパーマン』の名匠、リチャード・ドナー監督。キャラクターを無駄なく見せる展開や、ギミックに頼らないヒューマンな語り口は、良質の娯楽作を生み出す術を知り尽くしたベテランならではの芸当で、少年の頃に見た冒険活劇の興奮を思い出させる。VFXにはILMがあたり、時空を超えたスペクタクルを迫真の映像で盛り上げている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年1月17日
キャスト 監督リチャード・ドナー
原作マイケル・クライトン
VFXILM
出演ポール・ウォーカー フランシス・オコナー ジェラルド・バトラー ランベール・ウィルソン
配給 ギャガ=ヒューマックス
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 116分

[Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-16

そして何と言ってもフランセス・オコナー嬢とアンナ・フリエル嬢との、美男・美女の二組のカップルの登場も本冒険活劇を一際盛り上げていたんだよね!??


レビューを投稿する

「タイムライン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-22 11:30:30

広告を非表示にするには