日本極道史 野望の軍団 作品情報

にほんごくどうしやぼうのぐんだん

原田龍二主演の極道青春映画

昭和30年代後半。中学時代、西条の浦上として鳴らした浦上龍二は、卒業後、貧しい実家の家計を助ける為に集団就職で愛媛から大阪の大倉工業へやって来た。金の卵・と呼ばれ、もてはやされる集団就職者たち。しかしその言葉とは裏腹に、工場は彼らに人を人とは思わぬ重労働を強いるのであった。ある日、ヤクザ同士の喧嘩に遭遇した龍二は、そこで仲裁に入った皆川という男と知り合う。数人のヤクザ者を相手に一歩も退かない皆川の態度に、魅せられる龍二。そして、この時の感動がその後の彼の生きる方向を決定づけることになるのであった。

「日本極道史 野望の軍団」の解説

昭和30年代後半の大阪で、ひとりの風雲児を中心に後に関西中を震撼させることになる組織を形勢した若者たちの姿を描いた極道青春映画。監督は『必殺始末人』の石原興と『黒猫を追え!』の岩清水昌弘の共同。村上和彦の同名小説を基に、『銃爪』の橋場千晶が脚色。撮影を『ルーペ』の瀬川龍が担当している。主演は『時雨の記』の原田龍二。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石原興 岩清水昌弘
出演原田龍二 小沢和義 石橋保 菅原加織 庄司哲郎 西守正樹 毛利賢一 本田大輔 羽村英 舘昌美
制作国 日本(1999)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「日本極道史 野望の軍団」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:13

広告を非表示にするには