ファインディング・ニモ 作品情報

ふぁいんでぃんぐにも

幻想的な海の中から、愛に溢れた親子が繰り広げるディズニーの冒険アニメーション

ファインディング・ニモのイメージ画像1

カクレクマノミのマーリンとコーラル夫婦は、バラクーダに襲われ、マーリンだけが生き残る。マーリンは、たった一つだけ残された卵をニモと名づけた。やがてニモは、右ヒレが小さい以外は元気に成長し、いよいよ学校へ行く日がやってくる。しかし、極度の心配性になっているマーリンの忠告をよそに、海上に浮かぶボートに近づいたニモは、ダイバーによってさらわれてしまった。マーリンは、物忘れの激しい魚、ドリーの協力を得て、ニモを探しに大きな海へと旅立った!

「ファインディング・ニモ」の解説

オーストラリアのコーラル・リーフからシドニー港へ、愛する息子、ニモを探して海流に乗るマーリンの冒険。人間界の水槽の中で、友達の協力を得て必死に逃げ出そうとするニモの冒険。ディズニー映画の新作は、ちっぽけな魚の親子が、勇気を振り絞って挑む大きなアドベンチャーを描いた、目にも心にも感動的なアニメーション。色とりどりの魚たちが生息するコーラル・リーフ、集合文字を作り出す小魚たちや、淡い光を放つクラゲの森など、夢のような海中を鮮やかに映し出し、一方で、突然の闇に包まれる生態系のシビアな世界を描き出している。

マーリンを助ける健忘症のオネエ魚、ドリーや、「魚は友達」をスローガンに断食するホホジロザメのブルースなど、憎めないキャラクターたちが、愉快なドラマを演出していく。魚たちとともに、新しい経験に飛び込んでいくワクワク感を味わってほしい。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年12月6日
キャスト 監督・原案・脚本アンドリュー・スタントン
共同監督リー・アンクリッチ
声の出演アルバート・ブルックス エレン・デジュネス アレクサンダー・グールド ウィレム・デフォー
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 101分

(C)Disney/Pixar All rights reserved.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ファインディング・ニモ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-01 17:41:18

広告を非表示にするには