マグノリアの花たち 作品情報

まぐのりあのはなたち

生と死を乗り越え、時は過ぎてゆく…

マグノリアの花たちのイメージ画像1

アメリカ、ルイジアナ州の小さな町。イーテントン家の人々は、長女シェルビー(ジュリア・ロバーツ)の結婚式の準備で大わらわだった。シェルビーと母のマリン(サリー・フィールド)は、式の身づくろいのために、偏屈者の未亡人ウィザー(シャーリー・マクレーン)や、町長の未亡人クレリー(オリンピア・デュカキス)など町の女たちの社交場、陽気な女主人トルービィ(ドリー・パートン)の経営する美容室にやってきた。ところがその時、シェルビーが発作に襲われた。実は彼女は結婚しても子供を産んではならない体だった…。

「マグノリアの花たち」の解説

ルイジアナ州の小さな町の6人の女性たちの心の交流と友情を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはヴィクトリア・ホワイト、製作はレイ・スターク、監督は「ダンサー」のハーバート・ロス、脚本・原作戯曲はロバート・ハーリング、撮影はジョン・A・アロンソ、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はサリー・フィールド、ドリー・パートンほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ハーバート・ロス
出演サリー・フィールド ドリー・パートン シャーリー・マクレーン ダリル・ハンナ オリンピア・デュカキス ジュリア・ロバーツ トム・スケリット
制作国 アメリカ(1989)

(C)1989 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-13

更に偏屈な嫌われ未亡人役のシャリー・マクレーンの又、味わい深い持ち味何だねぇ~??美容室で発作を起こす糖尿病ジュリア・ロバーツや母役のサリー・フィールドら名優の演技のアンサンブルが愉めるのはハーバード・ロス監督の洒脱な演出手腕…。?????


レビューを投稿する

「マグノリアの花たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-18 16:00:07

広告を非表示にするには