恋は邪魔者 作品情報

こいはじゃまもの

憧れの宇宙飛行士(!?)も大活躍!60's版大逆転ラブ・ロマンス登場!!

1962年、作家デビューを目指すバーバラ(レニー・ゼルウィガー)がニューヨークにやって来る。女性編集者ヴィッキー(サラ・ボールソン)と組んで、「女の幸せに恋は不要!」という革新的な主張のノンフィクション本「恋は邪魔者」の売り込み作戦を開始。売れっ子ジャーナリストのキャッチャー(ユアン・マクレガー)にカバー・ストーリーの執筆を依頼するが、まともに取り合ってもらえない。ところが、TVで同タイトルの歌が流されたことから火がついて、一躍大ベストセラーに。焦ったキャッチャーは慌てて取材を申し込むが…。

「恋は邪魔者」の解説

往年のスター、ドリス・デイとロック・ハドソンのコンビで人気のあった60年代のコメディへオマージュを捧げた本作には、セクシーなほのめかしに満ちたセリフや茶目っ気たっぷりの映像で彩られながらも、決して下品にはならないセンスの良さがある。

登場人物たちが着せ替え人形よろしく披露する60'sファッションに、雑誌のページから抜け出たような洗練されたインテリアは、まさに色彩のマジック。芝居の書き割りのような楽しさを強調したスタジオでの撮影も秀逸で、ポップでキュート、しかもピリリとスパイスの効いた映画に仕上がっている。この“スパイス”の部分を担うのは、高を括った男への痛快な報復劇だが、それは本編を見てのお楽しみ。コメディセンス抜群の主演コンビの恋の駆け引きの行方はいかに? エンドクレジットも楽しいのでお見逃しなく。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年10月18日
キャスト 監督ペイトン・リード
出演レニー・ゼルウィガー ユアン・マクレガー デヴィッド・ハイド・ピアース サラ・ポールソン トニー・ランドール
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 101分

(C)2002 TWENTIETH CENTURY FOX

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「恋は邪魔者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:08

広告を非表示にするには