アンダー・サスピション 作品情報

あんだーさすぴしょん

ラストシーンまで気を許せない、イブシ銀の二大スターが対峙するサスペンス・スリラー

ハリケーンが去ったばかりのプエルトリコの町サンファン。陽気な祭りの喧騒の中、ベテラン警察署長ベネゼー(モーガン・フリーマン)と、その部下オーエンス刑事(トーマス・ジェーン)は、少女レイプ殺人事件の捜査を進める。容疑者は、町の名士で有能な弁護士のハースト(ジーン・ハックマン)だ。迷走する供述の一つ一つに検証を重ね、追いつめて行くベネゼー。ハーストの若く美しい妻シャンタル(モニカ・ベルッチ)の協力も得て、ゆるぎない証拠を押さえたはずだった…。

「アンダー・サスピション」の解説

富と名声を極めた男の孤独。老いへの恐怖がその悲哀に拍車を掛ける(ハックマンの髪型に注目!)。嫉妬と疑惑に苛まれた夫婦関係の修復は絶望的だ。年の離れた妻に拒絶された男は、欲望の矛先を年端も行かない少女に向ける凶悪犯なのか? 製作総指揮も兼ねる2人の名優ハックマンとフリーマンの拮抗する演技力によって、老獪でありながら次第に脆さを露呈する弁護士と、離婚を経てやはり孤独な警察署長の対決が、密室劇のような緊張感で描かれる。

共演には、猪突猛進の若手刑事役に、『クリスティーナの好きなコト』で色男ぶりを見せてくれたトーマス・ジェーン。そして、スキャンダラスなムードを漂わす当代随一の美女モニカ・ベルッチが、夫への不信と嫌悪を募らせて行く妻を妖しく演じている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年6月14日
キャスト 監督スティーヴン・ホプキンス
出演ジーン・ハックマン モーガン・フリーマン モニカ・ベルッチ トーマス・ジェーン
配給 エスピーオー
制作国 アメリカ(2000)
上映時間 110分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「アンダー・サスピション」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:41:42

広告を非表示にするには