デアデビル 作品情報

であでびる

盲目の男が、正義をかけて闇に舞う!ベン・アフレック主演のカリスマヒーロー・アクション

マンハッタンに暮らす12歳のマットは、事故で視力を失うが、その反動で残りの感覚が超人的に発達した。ある日、ボクサーの父が八百長を断り、何者かに殺されてしまう。マットは、哀しみの中で復讐を誓った。時が流れ、弁護士となったマット。彼のもうひとつの顔は、法を逃れた悪人を裁くデアデビル。ある日マットは、美しい女性エレクトラと出会い恋に落ちる。しかしその頃、街を仕切る謎の悪党キングピンが、海運王であるエレクトラの父に、殺し屋ブルズアイを送り込んでいた。

「デアデビル」の解説

1964年に生まれたコミック、デアデビルは、アメコミのなかでも最も人間的で、かつダークなヒーロー像のひとり。視力を失った代わりに他の感覚神経が研ぎ澄まされ、肉体改造と格闘技術によりヒーローとなった「人間」だからだろう。不屈の精神と正義感、心の中に見え隠れする迷いや弱さが、多くの人のシンパシーを呼び起こす。そんなヒーローを演じたのがベン・アフレック。

頭の形や体格から、コスチュームがよく似合っているものの、どうもしっくりこない…と思ったら、それはおそらく強烈な悪役のせいだろう。キャラクターで光るのは、やはりブルズアイ。コリン・ファレルが、かなりアブナイ演技とメイクで、強い印象を残している。ブルズアイは「俺もコスチュームがほしい」そうだけど、もしそうなればタイトルが変わっちゃうかも…。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年4月5日
キャスト 監督・脚本マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演ベン・アフレック ジェニファー・ガーナー マイケル・クラーク・ダンカン コリン・ファレル ジョー・パトリアーノ
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 103分

TM & (C)2003 Marvel (C)FOX & Monarchy Enterprises S.a.r.l.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「デアデビル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-06-26 15:24:06

広告を非表示にするには