ビロウ 作品情報

びろう

怪奇現象が、潜水艦を因縁の海域へ誘う。ダーレン・アロノフスキー原案のオカルト・パニック

ビロウのイメージ画像1

第二次世界大戦。大西洋を航行するアメリカ軍潜水艦、タイガー・シャークは、ドイツ軍に襲撃を受けたイギリス病院船から3人の生存者を救出する。その1人は、潜水艦には不吉とされる女性だった。艦長代理のブライス大尉(ブルース・グリーンウッド)は、オデル少尉(マシュー・デイヴィス)に女性看護婦クレア(オリヴィア・ウィリアムズ)の世話を申し付ける。その頃、艦内で不気味な出来事が起こり始めた。次第に乗組員たちは、敵の攻撃と怪奇現象の恐怖に正気を失っていく…。

「ビロウ」の解説

海底深く潜った密閉空間のなかで、地に足の着かない恐怖を植えつけられるのが、潜水艦パニックの典型的な恐怖。本作では、その心理に追い討ちをかけるように、得体の知れない怪奇現象が更なる恐怖を引き立てるオカルト・パニック映画。『π<パイ>』『レクイエム・フォー・ドリーム』と、鮮烈な作品を生み続けるダーレン・アロノフスキー監督が製作と共同脚本を担当し、ドイツ軍の攻撃と、亡霊の恐怖にさらされた乗組員たちの、鬼気迫る極限状態を映し出している。

全く異なる種類の怖さを取り混ぜたことで、映像的にはやや恐怖が分散しているきらいもあるが、潜水艦に秘められた真実が明らかになるにつれ、キャラクターが見せる細かな心理描写が、サスペンスを盛り立てて見応えがある。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年2月22日
キャスト 監督デヴィッド・トゥーヒー
出演オリヴィア・ウィリアムズ マシュー・デイヴィス ブルース・グリーンウッド ホルト・マッキャラニー スコット・フォーリー
配給 ギャガ=ヒューマックス
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 105分

[Amazonで購入]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ビロウ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-26 11:55:40

広告を非表示にするには