特集:成瀬巳喜男の煌き 作品情報

なるせみきおのきらめき

成瀬巳喜男監督の代表作を一挙上映!

『めし』『銀座化粧』『山の音』『乙女ごゝろ三人姉妹』『はたらく一家』『鶴八鶴次郎』『芝居道』『女が階段を上る時』『放浪記』『女の座』『妻の心』の11本をまとめて上映

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年10月6日
キャスト 監督成瀬巳喜男
制作国 日本

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-18

川端康成原作の映画<山の音>は道端で山村聡が息子の嫁の原節子と向日葵を眺めながら会話する場面が冒頭にある。「ボーッとした頭を取り外してクリーニングに出してその間体を休めたらいいね」云々…。シュールな日常会話だが、途中に能面を取り外すシーンも出て来る。本編が夫婦間の冷めた愛と堕胎と言う身体の問題を孕む作品である事の伏線に成ってもいる。笑い顔に秘めた美貌の原節子の哀しみが一際、美しい!ラストの冬の新宿御苑の西洋庭園の奥行きある透視画像。「ビスタって何?」謎の問い掛けの日常会話の幕切れも鮮やか♪。


レビューを投稿する

「特集:成瀬巳喜男の煌き」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-23 16:01:52

広告を非表示にするには